IPOの予定日は事前告知がありますから、その日をピンポイントに狙い撃ちしてジャンジャン稼ぎましょう!メリットもあればリスクも必要となる場合もありますが、『必ず最後に勝つ』をスローガンに頑張っていきましょう!

IPOをするときにはCITIZENとPRICINGの意味を知っておく

IPOは株式投資の初心者でも取り組みやすい金融商品です。ローリスクミドルリターンが基本となっているため、損失がすくなく、利益を獲得する機会が多いです。企業が上場するときの発行される未公開株のことで、これを取得することが第一歩となります。そのためには、証券会社に口座を用意して、必要なお金をいれおく必要があります。

証券会社の選び方はいろいろありますが、扱っている銘柄や抽選の方法で選ぶといいでしょう。IPOは誰でも購入することができるわけではありません。ブックビルディングに参加し、そのあとに正式な注文を行います。注文を行ったあとは、企業によって抽選が行われます。抽選の結果、当選することができればIPOを購入することができるのです。運の要素も強いですが、当選するためのテクニックを知っておきましょう。

また、IPOをするときにはPRICINGの意味も知っておくといいです。PRICINGとは、価格決定や市場価格設定といった意味があります。市場の価格を表示しているものにPRICINGと使われることもあるので、注意しておきましょう。表示の方法は、いろいろなサイトによって違います。いろいろなサイトを参考にしながら、初値価格の予想をたてるのも重要です。

CITIZENは会社のことです。CITIZENと呼ばれる会社のIPOを注文するときには、事前に情報を入手しておくといいです。CITIZENがどのような事業を行っているかは今後の成長に関係してくることです。市場の需要が高い事業内容の場合には、上場をしたあとも成長をする確率が高いです。また、過去の業績もIPOを注文するときのデータとして役にたつことを覚えておくといいです。