IPOの予定日は事前告知がありますから、その日をピンポイントに狙い撃ちしてジャンジャン稼ぎましょう!メリットもあればリスクも必要となる場合もありますが、『必ず最後に勝つ』をスローガンに頑張っていきましょう!

静銀ティーエム証券でIPO申し込みなら資金拘束ルール確認

IPOの魅力は公募価格で手に入れることができれば、初値で売るだけで大きな利益を期待することができるという点にあります。
全ての銘柄が初値高騰するというわけではなく、中には公募価格を割ってしまうものも無いわけではありませんから、必ずしも利益がでるという方法ではありませんが、前評判が高く市場の関心が高い銘柄に関してはよほどのことがなければ初値を割るようなこともありません。

そのため、初値が公募価格を割ることはまずありえないとされ高騰が期待されるIPOともなれば供給に対して、需要が圧倒的に多くなるため、簡単に公募価格で手に入れることは難しいものとなってしまいます。
そのような初値高騰が期待できるIPOを公募価格でゲットするためには、静銀ティーエム証券のようにあまり多くの投資家が利用をしていない証券会社を利用してIPOに申込みをするという方法があります。

IPOの配分は証券会社によって異なりますから、利用者の多い証券会社ではその分競争相手も増えるため配分が多くてもあたりづらいということになってしまいます。
逆に配分が少なくとも利用者も少ないという銘柄であれば、その分だけ当たりやすいものとなっているため静銀ティーエム証券のような証券会社を利用すれば、IPOを公募価格で手に入れることができるチャンスを増やすことができるのです。
このような証券会社を利用してIPOの申込みをする時に確認をしておきたいのが、資金の拘束ルールでありこのルールによって同一資金で複数の証券会社から上手に申込みをすることができるので、よく確認をしておくようにしましょう。
この部分をよく確認しないと、他の証券会社を利用してIPOの申し込みに参加できないばかりか、お金が必要な時に出金ができないということにもなりかねないので、拘束のルール確認は重要です。